自分でできる関節痛の緩和

関節痛は自分で痛みを和らげることができるのか?どんな方法があるのかご紹介します! - 中高年におすすめのサプリメント「グルコサミン」

アーカイブ

中高年におすすめのサプリメント「グルコサミン」

40代から50代の中年層に突入すると関節痛に悩む方も増えています。気づいたら腕が上がらなくなった、階段の上り下りで膝が痛む、などその関節痛は、クッションの働きをしている軟骨がすり減ってしまったために起きています。

痛みに気づいたら、なるべく早く医師に相談しましょう。また、併せてコマーシャルでよく見かけるグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを利用している人も多いです。痛みが緩和すると外出にも積極的になり、毎日が楽しくなるでしょう。

グルコサミンとは?

グルコサミンは人の軟骨、爪、じん帯などに存在している成分です。骨と骨のクッションとしての働きをする軟骨を形成しているので、加齢とともに減少するとクッションがすり減り、関節の曲げ伸ばしがつらくなります。

減少するグルコサミンはサプリメントで簡単に補うことができます。動かしにくくなった関節の動きがスムーズになるだけでなく、血流を促進する働きもあります。そのため、血行が悪く冷えに悩む女性にも効果があります。

他にもドロドロ血液をサラサラにしてくれるので動脈硬化の予防効果があり、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病のリスクを減らしてくれます。40代に突入したら関節痛がなくても予防として、またその他の突然の発作のリスクを避けるためにも補っておきたいですね。

グルコサミンの安全性

サプリメントはエビやカニ、ヤマイモが主成分なので基本的には安全です。しかしグルコサミンの1日の摂取量の目安1000mg〜1500mgを超えると、下痢や便秘、胃痛などの副作用があるようです。また糖尿病のある人は医師と相談したほうがいいでしょう。

そしてエビやカニアレルギーがある場合はアレルギー症状が出ることもあるので注意したほうがよいでしょう。

中高年の方におすすめです

このように副作用がほとんどなく、関節痛以外の病気を防ぐ効果があるグルコサミン。価格もお手ごろなので、より健康に楽しく毎日を過ごすために生活に取り入れてみてはいかがでしょう。関節痛の緩和だけでなく予防にもなります。

関連する記事

▲PAGE TOP

Copyright(C)2016 自分でできる関節痛の緩和 All Rights Reserved.